歴史年表

 

日本ベッドには90年余の歴史があります。


明治時代、まだ日本が畳と布団の睡眠環境しか知らなかったころ、イギリスへ渡り「ベッドで眠る」というライフスタイルに驚きと感銘を受けた一人の日本人、それが日本ベッドの創立者 宇佐見竹治でした。

1920年代

年代 日本ベッドのあゆみ 日本ベッドの商品
1926

帝国ホテルのページポーイとして働いていた宇佐見は「ホテルサービスの原点=人が心地よく過ごせるよう心をつくすこと」を体験し、「快適な睡眠」の重要性をよく知っていたのでしょう。ベッドでの睡眠がもたらす心地よさに触れ、この索晴らしい寝具を日本に広めたいと思ったのです。 帰国後、畳と布団の睡眠スタイルに慣れ親しんだ日本人に合うよう、ベッド&マットレスという寝具のスタイルを研究。1926 (大正15)年に、日本初のベッド製造会社「日本羽根工業社—JAPAN BEDDINGS MFG.CO., LTD.」を興しました。
これが、日本でのベッドの歴史の始まり。ちょうどこの年、元号が昭和と改まります。
創業時「日本羽根工業社」は日本初の洋式寝具を生産、続いて国産で初めての連結式スプリングマットレスの商品化に成功しました。1940(昭和15)年ころには、マットレスの本格的生産を開始。一般市販の他、大口特需にも拡大し、名実ともに「ベッドメーカー」となりました。しかし太平洋戦争への突入とともに、軍からの要請で再びふとんの製造に取り組むことになりました。

日本初のベッド製造会社「日本羽根工業社」誕生(日本ベッドの前身)
  • 27歳の宇佐見竹治

    1914(大正3)年
    商社マンとして英国に赴任していた頃の肖像写真

    肖像写真
  • 宇佐見竹治のパスポート

    1910(明治43)年頃
    渡英時に使用していたと思われるパスポート

    パスポート
宇佐見竹治の日記

1908(明治41)年
帝国ホテルのページボーイ(ベルマン)として働いていた頃の日記。
来客・交友・給与など多彩な内容が、すべて英語で記されている。

  • 1877年発行の近衛兵名簿

    1877(明治10)年
    負傷人名欄に、創業者の父 宇佐見秋之助氏の名前。

  • 創業前年 ロンドン キューガーデンにて

    1925(大正14)年
    創業者 宇佐見竹治、秩父宮殿下の白馬買付に同行。

初期のカタログと納入先

1935(昭和10)年頃
当時は鉄道省や日本郵船、有名ホテルや病院などに製品を納めていた。マットレスに詰めるパンヤや馬毛なども輸入、製品科目の中には「最新ドイツ式消毒精選羽毛」とあり、登山用寝具なども扱っていた。

1926年

昭和天皇即位。
元号が大正から昭和に。

1927年

リンドバークが大西洋横断飛行に成功。

1929年

世界恐慌。

1931年

満州事変。

1932年

5.15事件。

1936年

2.26事件。

1937-1945年

日中戦争。

1942-1945年

太平洋戦争。

年代 日本ベッドのあゆみ 日本ベッドの商品
1946

太平洋戦争が終わったものの住宅不足は著しく、当時の全住宅戸数の3分の1にあたる 240万戸が不足しているといわれた時代でした。国情は食糧不足を補うことで精一杯で、住宅建設が本格化するのは1950(昭和25)年の住宅金融公庫設立からとなります。
日本ベッドは、1940年頃には、マットレスの本格的生産を開始し、一般市販の他、大口特需にも拡大。
業界を代表して進駐軍から大量のマットレスを受注することもありました。
その後、政府の住宅政策にあわせて、日本ではまた未開拓だったベッド市場に乗り出します。

社名を現商号 「日本ベッド製造株式会社」とする
  • マットレス検品光景 マットレス出荷光景 左は創業者の宇佐見竹治。
  • 戦後間もない頃の本社屋 戦後間もない頃の本社屋 奥に工場がある。
戦後のカタログ

1950(昭和25)年頃
このころは進駐軍、官庁、ホテルや船舶装備関係などを相手先としていた。カタログ内容を見ると、先駆者として啓蒙に努め、商品を細かく解説している様子がうかがえる。
カタログ表紙の建物写真は、 当時の本社事務所全景。

カタログ1
カタログ2
1946年

日本国憲法公布。

年代 日本ベッドのあゆみ 日本ベッドの商品
1954
傘下に日本鉄工株式会社を設立
  • マットレス手縫い風景

    マットレス手縫い風景
  • 当時のマシン、マットレスフィラー マットレスフィラー
  • エッジングマシン

    エッジングマシン
  • 旧事務所内の創業者
    1953(昭和28)年頃
    旧事務所内の創業者
#46
1951(昭和26)年カタログより

へッドポードにボタン留めを施した最高級品。両脇に「スタンド」がコーディネートされている。和洋室両用向け。

#46
NB-M4
1951(昭和26)年カタログより

和室での生活に便利なよう、折りたたみ式の脚を使った家庭用普及品。

NB-M4
#101
1951(昭和26)年カタログより

総桐の数奇屋風。和室に置かれることを意識した竹張りのデザイン。

#101
NB-4型ベッド
1951(昭和26)年カタログより

当時の最新型で、木枠のないタイプ。いわゆる「ハリウッドベッド」とよばれた。和洋室いずれにも調和するよう、カラースキーム(色彩計画)に基づいた企画が練られていたが、残念ながらカラー写真は現存していない。

NB-4型ベッド
1954年

電気冷蔵庫、洗濯機、テレビが「三種の神器」とよばれる。

1956
南極越冬隊の防寒具、寝袋として採用される

1956~1960(昭和31~35)年
日本ベッドの羽毛製品は、素材や縫製の質のよさが認められ、1951 年、 国民的行事としてスタートした南極越冬隊やマナスル登頂隊員 にも、防寒具として着用された。
写真はマナスル登頂隊員着用の防寒具。

南極越冬隊の防寒具、寝袋

年代 日本ベッドのあゆみ 日本ベッドの商品
1960
大田区に久ヶ原工場を完成
スプレッドを使ったフルメイク
1960(昭和35)年カタログより

納品先でフルメイキングされた状態。

スプレッドを使ったフルメイク
NB6-31
1960(昭和35)年カタログより

ボトムスブリングの上にマットレスを載せた、いわゆるダブルクッションタイプ。

NB6-31
1960年~

東京オリンピックに向け、ホテル建設ラッシュ。

1961
大阪営業所 開設
1961年

高度成長期。余暇時間の増加によるレジャーブーム。

1963
名古屋営業所 開設
1964
九州営業所 開設
1964年

東京オリンピック開催。

1965
6階建新社屋完成。1〜3階をショールームに
1960年代後半(昭和40年代)に入ると「昭和元禄」とよばれる生活に余裕のある時代を迎えました。主流のダブルクッションだけではなく、シングルクッションタイプや引き出し付ベッドなども展開します。
1966 北海道営業所 開設
1966年

いざなぎ景気始まる。

1967 系列会社として日本ベッド販売㈱設立
1968 キングコイルベッドの日本製造元となる

年代 日本ベッドのあゆみ 日本ベッドの商品
1970

1973(昭和48)年、79(昭和54)年と二度にわたる石油ショックの影幣を受け、新設住宅の着工数は年間180万戸から120万戸程度に減少。住宅価格の上昇、所得の伸び悩みなどの経済状況から、家具業界においてもより一層のコストダウンに追われました。厳しい環境下にあった時代でしたが、「ヴァロア」「パラゴン」「ハードエッヂ」など、数多くのヒット商品を生みだしました。

静岡営業所・仙台営業所 開設 / 茨城工場完成

茨城県水海道市敷地58,000㎡の自社工場

茨城工場完成

1970(昭和45)年
自社工場内は常に清潔さと安全性をキープ。豊かな緑と清らかな空気に囲まれた人にやさしい環境の中、愛情を持ってひとつひとつの作業にあたり、卓越した技術と伝統の製法によって製品を生み出している。

  • 茨城工場完成
  • 茨城工場完成 竣工当時の工場正面
大阪万博

1970(昭和45)年
日本ベッドが参加したサンヨー館は大阪万博の目玉パビリオンだった。
「未来の生活空間」を演出したファミリーコーナーには、当時の最新技術を駆使した展示品が並ぺられた。日本ベッドは、スイッチひとつで姿勢を変えられるリクライニングベッドを出展。来場者は防音遮光の完全なブライベ―トルームとして作られた「健康カプセル」内で、くつろぎを体感した。

  • 未来の生活をイメージしたリクライニングベッド 未来の生活をイメージしたリクライニングベッド
  • 防音遮光で完全なプライベートルームとなっているカプセル内に設置された。 防音遮光で完全なプライベートルームとなっているカプセル内に設置された。
ヴァロア

1970(昭和45)年
厳選された材質、入念な仕上げの高級ベッド。欧米で流行していたピロートップを日本で初めて採用。

ヴァロア
ヴァロア
1970年

日本万国博覧会(大阪万博)開催。

1972年

札幌オリンピック開催。

1973年

オイルショックによる急激なインフレと物不足。

1974

1974年には通産省認定(Gマーク)商品「ハイライフユーロピアン」を発売。

赤坂迎賓館開設

1974(昭和49)年
各国のVIPをお迎えする迎賓館には、日本ベッドオリジナル製品が全寝室に。

赤坂迎賓館
1974年

赤坂迎賓館竣工。

1975

1975年に発売した「テリーメイヤー」は14年間にわたるロングセラーとなります

製品安全協会より住宅用スプリングマットレスに関する工場等登録(SG)を受ける

1975年

第二次ベビーブーム。

1976

1976年、JIS規格で、住宅用普通ベッドの長さは1950mmと定められました。
戦後、本格的にスブリングベッドの生産を始めた日本ベッドでしたがそのころの主な納入先は進駐軍でした。当時の米軍ベッドは高級将校のもので2030mm、一般の兵士用は1900mmが基準でしたが、進駐軍では兵士に1950mmのベッドの使用を認めました。その需要に応えていた日本ベッドの製品サイズがそのまま、以後の日本のベッドサイズの元となっていったというわけです。

ハイライフユーロピアン

1976(昭和51)年カタログより
通産省選定(Gマーク)商品。ローズウッドのしつ とりと落ち着いたム一ドにローポジションの、強烈な個性を持っていた。

ハイライフユーロピアン
テリーメイヤー

1976(昭和51)年カタログより
臼木の美しさを生かしたシンプルなデザインのローポジションベッド。
記録的なロングセラーとなった。

テリーメイヤー
50周年記念「ハードエッヂDX」発表

1976(昭和51)年
ボトムを台輪で支える構造のローポジションベッド。日本の家屋にマッチするデザインを意識。

50周年記念「ハードエッヂDX」発表
1977 通産商業省選定(Gマーク)を受ける
1979 通産産業大臣より日本工業規格(JIS)表示許可を受ける
1979年

第二次石油ショック

年代 日本ベッドのあゆみ 日本ベッドの商品
1980

1980年、現ビーズシリーズの基となるマットレスを開発。

「熱処理と防錆」加工を施したポケットコイルスプリングの開発に成功
1981(昭和56)年

加工を施したコイルを圧縮して不織布のポケットに収納。支持力と耐久性が飛躍的にUP。この技術を用いて画期的なポケットコイルマットレスを発売。

ポケットコイルマットレス
1981 北関東営業所 開設
1983
イーヴス
1983(昭和58)年頃

日本ベッドが開発した「プラットフォームシステム」。ボトム部分がスリムで圧迫感がない。

イーヴス
1986

1980年代後半(昭和60年代)には「豊かさを実感できる住生活」が求められ 、ベ ッドについてもデサイン·素材·カラーから寝心地まで、きめ細かな対応が必要となりました。日本ベッドからは、この頃「ムーンライズ」「ノヴァサンド」「ソニアホワイト」をはじめ、機能性ベッド、材質バリエーションの豊かなフレームベッド、家庭向けホテルベッド、ヘッドオフタイプなど、多種多様な商品が発売されています。中でもオリジナルの「プラットフォームシステム」で「イーヴス」は大ヒットしました。
1994(平成6)年には、1ドル=100円を突破し「価格破壊」という流行語まで生まれた激動の時代に入りました。

ソニアホワイト
86~87年総合カタログより
ソニアホワイト
ノヴァサンド
86~87年総合カタログより
ノヴァサンド
1985年

日本の総人口約1億2100万人に。

1986年

バブル景気のはじまり。

1989年

元号が昭和から平成となる。

年代 日本ベッドのあゆみ 日本ベッドの商品
1991 大分出張所 開設/茨城工場 増設
ムーンライズドロアー
91~92年総合カタログより
ムーンライズドロアー
1991年

バブルの崩壊。

1994 名古屋ミニ・ショールーム 開設
1996

1990年代ごろからは寝心地の基本であるマットレスに着目し、1996年、満を持して「シルキーポケットマットレス」を発表しました。

70周年記念「シルキーポケットマットレス」発表。
超高密度構造で今も確かな寝心地を提供し続けている

シルキーポケットマットレス
1999

東京本社にスリープ・ソリューション・スペースとしてCRO NOSショールーム 開設

日本ベッド 池上ショールーム(現在) 日本ベッド 池上ショールーム(現在)
1998年

長野オリンピック開催。

年代 日本ベッドのあゆみ 日本ベッドの商品
2000 日本ベッド販売㈱を合併
2002

大阪営業所にスリープ・ソリューション・スペースとしてCRO N0Sショールーム 開設

日本ベッド 大阪ショールーム(現在) 日本ベッド 大阪ショールーム(現在)
トアール

01~02年総合カタログより

トアール
2002年

日韓共催ワールドカップ開催。

2003

青山一丁目にスリープ・ソリューション・スペースとしてCRO N0Sショールーム 開設

日本ベッド 青山ショールーム(現在) 日本ベッド 青山ショールーム(現在)
2004
カウンテス

04~05年総合カタログより

カウンテス
2005

環境に配慮する企業としてISO14001を取得

京都迎賓館開館

2005(平成17)年
国公賓接遇施設として高度の安全性·機能性·快適性を確保し、日本文化と伝統的技能継承の場として機能する京都迎賓館。マットレス全数他、多数商品を納品。

京都迎賓館
2005年

京都迎賓館竣工。

2006

2006年にはスプリングの線径レベルから見直したマットレスを新開発し、80周年を記念して「五感で感じる」をテーマに体感展示会を開催。積極的に眠りに関する情報を発信しました。

創業80周年 記念展示会開催

2006(平成18)年6月
新宿リピングデザインセンターOZONEにて「五感で感じる」をテーマに「SLEEPSOLUTION-stage1­~五感で感じる快眠空間~」と題した体感イベントを開催。ベッドメーカーとしてのノウハウを活かし、眠りに関する情報発信を通じて、マットレスなどのハード面だけでは表現しきれないソフト面での「快眠提案」を行った。
7月には大阪ショールームと同ピル内会場においても、同テーマの展示会を開催。

創業80周年 記念展示会
創業80周年 記念展示会
ラフィア

06~07年総合カタログより

ラフィア
線径レベルから見直したマットレスを新開発

2006(平成18)年
80周年を迎え、寝心地のもっとも根本的な部分であるスプリングにこだわり、線径レペルから見直したマットレスを新しく開発。1.2ミリから1.7ミリまで0.1ミリ刻みの6種類のスプリングを組み合わせて、寝心地を表現。表面のクッションだけでは実現し得ない、より深い骨格部分で身体を支えるほんものの安心感、安定感を持ったマットレスとなった。

シルキーポケット シルキーポケット
ビーズポケット ビーズポケット

年代 日本ベッドのあゆみ 日本ベッドの商品
2010
名古屋ショールーム 開設 日本ベッド 名古屋ショールーム(現在) 日本ベッド 名古屋ショールーム(現在)
シルキーパフ

眠ることによって体を整えながら、気持ちまで癒されるマットレス。
女性のお客様に好評。

2012
仙台ギャラリー(仙台花京院ショールーム) 開設 日本ベッド 仙台ギャラリー(現在) 日本ベッド 仙台ギャラリー(現在)
2014
福岡ショールーム 開設 日本ベッド 福岡ショールーム(現在) 日本ベッド 福岡ショールーム(現在)
シルキーシフォン

朝目覚めて爽やかな気持ちにさせてくれるマットレス。心地よいふんわり感の中に、モチッとした弾力性が。

シルキーシフォン
2016

そして2016年。90年に亘り日本のベッドの歴史を刻んできた当社は、現代版手づくりマットレスの製作など、改めてものづくりの原点に立ち返りました。今後ますます多様化するライフスタイルやニーズに、新たな気持ちと最新の技術で取り組んでまいります。

広島営業所 開設
90周年記念手づくりマットレス製作

2016(平成28)年
継承された独自の技術によるポケットコイルマットレスは上質で快適な睡眠を提供している(画像はイメージ)

90周年記念手づくりマットレス
True To Good Sleep
– 日本ベッドの手づくりマットレス –

詳しくはこちら

手づくりマットレス
手づくりマットレスウール手縫い 手づくりマットレスウール手縫い
手作りマットレスシルク手伸べ 手作りマットレスシルク手伸べ
手作りマットレスボーダー手縫い 手作りマットレスボーダー手縫い
手作りマットレス馬毛 手作りマットレス馬毛

Showroom

マットレスのサイズや寝心地、フレームの質感、寝装品の手触りなども、実際にお試しいただけます。

皆さまのお越しを各地のショールームでお待ちしております。

うさみんの楽しいおうち -快眠マイスターと眠りの話-