衛生と環境負荷に配慮した「衛星マットレス」の基準を満たしています。
POINT1
POINT2
POINT3
POINT4
衛生マットレスは基準は「グリーン購入法」に基づいて作られています

マットレスの衛生マークについて

衛生マークは、消費者の皆様が、衛生に配慮したマットレスとして安心してお使いいただける様に、全日本ベッド工業会が設定した「マットレスの環境基準」に適合するマットレスにのみ付けられています。 工業会のマットレスの環境基準は主に「ホルムアルデヒド」と「抗菌防臭」、そして「グリーン購入法」に基づいて定められています。

「グリーン購入法」とは

国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律で、マットレスについては使用されているポリエステル繊維、材料からのホルムアルデヒド、そしてウレタンフォームの発泡剤について一定の基準が設けられています。

「ホルムアルデヒド」とは

ホルムアルデヒドは、無色透明の刺激臭のある気体で且つ、大気汚染防止法の自主規制対象の有害物質とされており、めまい、頭痛などの原因となります。主に合成樹脂材に含まれますが、他にも接着剤、繊維、紙の樹脂加工、染料、殺虫剤、防腐剤、ゴム薬品など広い範囲で使用されています。

「抗菌防臭」とは

汗をかいた時などに出るいやな臭いは、身に着けている衣服や皮膚に棲息している菌が増殖することが原因です。菌は、この汗や汚れを栄養源にして増殖し、そのとき分解したものが いやな匂いの原因といわれています。「抗菌防臭加工」とは、この菌の増殖を抑制し、防臭効果を示す加工の事です。

その他のマットレス商品

Showroom

マットレスのサイズや寝心地、フレームの質感、寝装品の手触りなども、実際にお試しいただけます。

皆さまのお越しを各地のショールームでお待ちしております。

うさみんの楽しいおうち -快眠マイスターと眠りの話-